【討論】これからは個の時代?集の時代?いえ、その中間だと思います(適当

ゼロから始める隠居生活 - これからは個人の時代 ?

どうも、「隠居プログラマー」の「ひたらく」と申します!

今日はSNSの認知度が上がってきた頃から騒がれている
「これからは個の時代だ!!!」
という事を本当にそうなるのか、懐疑の目を向けながら
私の意見を交えながら記事を書いてみようと思います。

今日も、どうぞ、よろしくお願い致しますm(_ 人 _ )m

これからは個の時代という、ウソ

私は「これからは個の時代だ!!!」という事に
疑問を感じます。

下記の2つの理由から
私は疑問を感じます。

  • 過去にも個人が強い時代が何度もあった
  • 集団あっての、個人の強さ

それぞれについてご説明させていただきます。

過去にも個人が強い時代が何度もあった

まず1つ目の「過去にも個人が強い時代が何度もあった」についてです。

SNSが台頭する前にも
コミュニティというものは常に存在しておりました。

過去から振り返ってみれば、
人間が身を寄せ合って暮らし、
村を作り、街を作り、国を作ってきました。

これも大きな括りでのコミュニティであり、
それぞれのコミュニティでは必ず、
コミュニティをまとめるリーダー的な存在があります。

大抵の場合、
そのリーダーは他のコミュニティメンバーよりも
大きな力を持ちます。

私の考えでは、この形式、
つまりはコミュニティという形式で人間が活動する上で、
少なからず誰かしら「個人」が力を持つ形に落ち着くものと考えます。

つまりは、
大きな力を持つ個人がいるという事は
昔から現代に至るまで、
なんら変わらないのです。

よって、これからは「個人」の時代というのは少し
単純化し過ぎている気がします。

集団あっての、個人の強さ

これからの時代はインターネットによる
個人の力の強化によって集団の力を持つ個人が増えていく事が考えられます。

インターネットによって、
様々な国の人々が情報発信できる様になった現代、
いろんな趣味趣向が認められる様になってきました。

そしてSNSによって、
自分のファンやコミュニティを簡単に作る事が出来る時代です。

これによって、
各個人がコミュニティの運営を行い、
リーダーとなり、
集団としての力をつけていきます。

一昔前までは少数の集の力を持った個人だけが力を持つ時代でありましたが、
今では誰でも集の力をつける事が可能になりました。

私が考えているこれからの時代は
「専門性・パーソナリティの細分化」による、

「集の力を持った個人が活躍する時代」です。

いい例は「オンラインサロン」です。

有名人がオンラインサロンを作って、
活動を行う場面も多々みられますが、
youtubeなどのチャンネル登録では達成できない、
集の力を結集して事を起こす為の活動の場だと私は考えます。

たくさん人を集める事によって、
その中で面白いアイデアや活動が生まれ、
やがては世の中をひっくり返してしまうほどの
イベントになってしまったりしてしまうのです。

ここで2つの分かれ道に出会います。
「集団のリーダーとして立つ」
「個人としてコミュニティに参加」

理解しておかなければならない事は、
力を持つのは明らかに前者」という事です。

後者の「個人としてコミュニティに参加」している以上、
自分がリーダーになる事は出来ないという事を理解しなければなりません。

どんなにコミュニティの中で活動していても、
あなたがリーダーでは無い以上、
そのコミュニティの名を冠して世の中に発表されるのです。

どんなにいいアイデアを考えても。

です。

これを踏まえて、
あなたはどちらに立ちたいですか?

さいごに

思いつくがままに
文章を書いてしまったので、
理解に苦しむ箇所もあると思われます。

申し訳ございません。

ですが、
今後の近未来について、
当たらずとも遠からずの話を書く事が出来た自信はあります。

「知名度をつける」→「コミュニティを作る」→「世の中を動かす活動を行う」

おそらく5年以内には
この流れがスタンダードになると私は考えております。

まあ、外れたらすみません。

ですが、ちょっとでも
この事を念頭に活動頂けるとみなさんの
コミュニティに対する考えも変わると思いますので、
楽しみにしております!

今日は以上になります。

ここまで見てくださった方、
ありがとうございましたm(_ _ )m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ひたすら楽する生き方をする為に、 どうやったら無職を貫く事が出来るかを日々 必死に考えている無職エンジニアらしい。 最近、固定費を削れば生活が楽になる事を知り、 家賃の安い地域に引っ越し、 毎月5万で生きていく事を実践中。 ただし、稼ぎがそんなにない為、 隠居まではまだ道のりが長いとか。