【実話、失敗談】#1 仮想通貨で失敗した人間の末路。

ゼロから始める隠居生活 - 仮想通貨 末路 - 1

みなさま、仮想通貨って知ってますか!?

ビットコイン、一時は形がないデジタルの通貨なので、
消滅するなどと囁かれていた時期もありました。

ですが、2020年8月現在、未だに125万円ほどの価値を有しており、
年々価格が上昇しております。

ビットコインが1000円くらいの時もありましたから、
もしその時に握っていれば、1250倍!!!

1万円が1000万になっていたんですよ!!

こんな爆発的なポテンシャルを持っているのって、
本当に一握りのスタートアップ企業か、仮想通貨くらいですね!

ですが、そんな仮想通貨ですが、
もちろん価格の上昇があれば下落もある訳です。

私はその下落で非常に痛い目にあいました。

今日は、そんなビットコインで私が過去に失敗したお話をしたいと思います。

※Youtubeでの動画も作成いたしました!!(2020/08/30追記)

第一話 リップル爆上げ!!

早速、ビットコインで無い単語が出てきましたね(笑

実は仮想通貨はビットコインだけではなく、
様々なものが存在しており、それらは「アルトコイン」と呼ばれております。

2018年時点で1500種類と言われておりましたので、
2020年8月現在ではもっと増えていると思われます。

そんな中で、現在も人気がある「リップル」というアルトコインがあるんです。

「リップル」という仮想通貨はちょっと他のアルトコインとは
違いがありまして、技術的に細かい話は割愛させて頂きますが、
Googleの子会社が出資したり、日本の金融機関もリップルに関わったりと
非常に「アツイ」コインでした。

私がそんな「アツイ」リップルを所有したのは、
2014年頃のビットコインは1通貨、10万円ほどで、
なんとなく注目を浴びておりましたが、
リップルは1通貨、0.6円ほどで全く注目は浴びておりませんでした。

ですが、
0.6円なんて、おもちゃほどの値段ですし、
Googleが絡んでいるということで、
面白半分で1000円ほど所有しておりました。

そして、時は流れ、2017年。
私の元へ1通のメールがきます。

「リップルが高騰しております。」

なんだ、これ?

私はすっかりリップルの事は忘れており、
このメールの意味が最初は分かりませんでした。

そして、何気なく
リップルを預けていた口座を見に行くと。。。

「¥86,xxx」

んんんん?????

なんだ、、、これ???

そう、当時1000円ほどで購入していたリップルが
1通貨30円ほど、
8万円になっていたのです!!

状況を飲み込めなかった私は
仮想通貨の情報やニュースを見まくり、
ようやく事態に気がつきました。

仮想通貨が軒並み暴騰していたのです!!

仮想通貨バブルの到来です!

ここで一気にビットコインが20万円ほどから10倍の200万円、
その他のアルトコインも軒並み急高騰しておりました!

当然、リップルも上昇し、
一時は400円をつけたこともありました!

くそ!!
もっと買っときゃ良かった!!!!
アーーーーッッッッ!!!

実を言うと、
リップルを1000円ほど買った後に、
10万円ほど購入していた時期もあったのです。
0.6円で。

ですが、その当時貧乏サラリーマンだった私は、
生活費を捻出するために、
すぐに10万円分のリップルを売ってしまったのです。。。

クヤしぃ!!

そこから、私の仮想通貨熱は一気に爆上げします!

「これからは仮想通貨の時代や!」
「俺の読みは当たったんや!!」

このちょっとした成功が、
のちに私の仮想通貨ギャンブルにハマっていくキッカケになってしまうのである。。。

次回へ続く。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ひたすら楽する生き方をする為に、 どうやったら無職を貫く事が出来るかを日々 必死に考えている無職エンジニアらしい。 最近、固定費を削れば生活が楽になる事を知り、 家賃の安い地域に引っ越し、 毎月5万で生きていく事を実践中。 ただし、稼ぎがそんなにない為、 隠居まではまだ道のりが長いとか。