【Youtube】もし、テレビ局が本気を出しても、個人Youtuberの需要があり続ける理由。

ゼロから始める隠居生活 - Youtube - 個人Youtuber

どうも、隠居プログラマーのひたらくです!

今日は「Youtube」についてのお話をさせて頂こうと思います!

多くの芸能人の方々がYoutubeに進出しており、
エガちゃんの登録者数はチャンネル開設から1週間程度で100万人を達成するなど、
目覚ましい活躍をされている芸能界の方々がたくさんいらっしゃいます。

彼らの動画を見てみると、
しっかりと動画編集されていたり、
カットが多用されるなど、
テレビさながらに動画編集されたものがYoutubeにアップロードされていたりします。

さて、こんな状況になってきまして、
個人のYoutuberは生き残る事ができるのでしょうか。。。?

今日はその辺を深堀りしてみたいと思います。

個人Youtuberは生き残れるか!?

様々な人が
「芸能界のYoutube進出によって個人Youtuberの活躍の場が減る。。。」
と仰っておりますが、
本当に他の個人Youtuberの活躍の場は減るのでしょうか?

ここで個人Youtuberの動画と芸能界の方々の動画の
メリットとデメリットを上げて
比較してみましょう。

【芸人Youtuberのメリット】

  • 大半は編集を専門家にお任せ
  • 知名度が元々あり、登録者数が伸びやすい
  • 中には、おそらく脚本や企画を事務所などが行っている場合もありそう(予想

【個人Youtuberのメリット】

  • 専門知識を存分に動画にできる
  • 失敗しても、名前と顔を隠せば、何度でもチャレンジできる
  • 自分の納得のいく作品を作成可能

ざっとメリットをあげるとこんな感じでしょうか?

続いて、デメリットを上げてみたいと思います。

【芸人Youtuberのデメリット】

  • 芸人なので、主にバライティ中心の動画になりがち
  • 辞めたくてもすぐ辞められない
  • ジャンルの変更を頻繁にできない

【個人Youtuberのデメリット】

  • すぐに知名度が上がるのは難しい
  • 動画の編集を自分で行わなければならない
  • コンテンツを自分で考えなければならない

私なりに芸人のYoutuberと素人のYoutuberのデメリットとメリットを挙げてみました。

こうしてみますと、
やはりYoutubeでの知名度の上がり方は
大きく芸人の方々に軍配が上がります。

ですが、芸人の方々は専門がお笑いの為、
バライティに特化したチャンネルが多く見受けられます。

そして、失敗したら新たにチャレンジする事が難しいです。

個人の方は色々なジャンルにチャレンジできますから、
個人の方に大きなアドバンテージになります。

そして、
芸人だけでなくモデルの方やアイドルの方にも共通で言える事ですが、
実は芸能関係の方々が勝負できるジャンルは
そこまで幅広くない事の現れではないかと考えられます。

芸人であれば、バライティが求められますし、
モデルであれば、その美貌の保ち方をどうやればいいのかに注目されます。

芸人の私生活の自慢や食事の様子、
モデルの方の毎日の日記の様な報告は
視聴者に興味を持ってもらうことはできません。

つまり、
個人でも自分の専門知識を持っている方であれば、
その分野での競争率が高くない限り、
十分Youtubeで生き残ることは可能だと私は考えます。

私が出した結論を言いますと、
「個人Youtuberも専門知識があれば、十分戦える」
です。

自分の競争できる分野で競争率が高い場合には、
プラスアルファをして、新たなジャンルを開拓するか、
自分が他に得意なことを見つけ、
競争率が低い分野を開拓するかの2択が考えられます。

私もまだまだ、自分のチャンネルを広げられておりませんが、
自分の強みを試行錯誤して見つけながら
私のYoutubeでのポジションを確立してみたいと思います!

チャレンジを楽しみましょう!!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

ひたすら楽する生き方をする為に、 どうやったら無職を貫く事が出来るかを日々 必死に考えている無職エンジニアらしい。 最近、固定費を削れば生活が楽になる事を知り、 家賃の安い地域に引っ越し、 毎月5万で生きていく事を実践中。 ただし、稼ぎがそんなにない為、 隠居まではまだ道のりが長いとか。